加齢が原因で疲れ

疲れと加齢の関係

加齢により疲れが抜けなくなってしまう原因は、
年齢による体の衰えがありますが、何よりも成長ホルモンの分泌量が低下してしまうことが原因です。
精神的に疲労感が抜けないのも同様の理由があると考えられます。

 

成長ホルモンは体を成長させるために必要なホルモンです。
思春期において分泌量がピークになり、その後は緩やかに分泌量が低下していきます。

 

成長ホルモンには身長を伸ばす効果があり、
思春期において身長が伸びやすくなるのは、この成長ホルモンの分泌量が多いからなのです。

 

 

しかしこの成長ホルモンの役割は、単に身長を伸ばすことにあるのではありません。

 

成長ホルモンには人間の細胞の再生や修復を行う役目もあるのです。そのため成長ホルモンの分泌量が少なくなると、
体の代謝が悪くなってしまい、いつまでも疲れが抜けなくなってしまったりするのです。

 

このため加齢により疲れが抜けない理由は、成長ホルモンの分泌量が少なくなり、
体の細胞の再生や修復が上手くいかなくなり、新陳代謝が悪くなってしまうからなのです。

 

 

この新陳代謝アップを目指す方法に酵素を摂取するといった事があります。
酵素はエネルギー変換効率を担う生命維持の重要成分です。

 

ですが、加齢とともに減っていくので補ってあげなくてはなりません。
基本的には食事になりますが、どうしてもカロリー過多になってしまうというリスクがあります。

 

最近では、こういった理由から酵素だけを抜き出した酵素ドリンクが人気です。

 

 

>>>疲労感が抜けない時に、、、味と酵素数で選ぶ酵素ドリンクランキング

関連ページ

疲れを取るためには酵素が効果的な理由
疲れを取るための酵素補給について。
酵素が疲れに効果を発揮してくれる理由
酵素効果が疲れに良いのは?
30代で疲労感が抜けない病気
疲労感が抜けない病気について30代の観点
10代から30代の男性に多い「眠すぎる病気」
30代めの男性に多い眠すぎる病気について説明します。
デトックスが疲労感に効果を発揮する理由
デトックスと疲労感に効果との関連性について
身近にあるデトックス効果のある食べ物
デトックス効果のある食べ物について説明します。
酵素不足で起こる病気
30代で酵素不足で起こる病気について
酵素が不足すれば30代でも様々な症状が出てきます
酵素不足での症状について説明します。
酵素不足とストレスの意外な関係
ストレスの理由は酵素不足が原因なのか?逆か?