眠すぎる病気

30代までの眠すぎ

眠すぎる病気といわれている「過眠症」に関しましては、
ナルコレプシー・反復性過眠症・特発性過眠症・睡眠時無呼吸症候群といった4つのタイプに大きく分類することができます。

 

「ナルコレプシー」や「反復性過眠症」を診断される患者は主に10代の男性が多いといわれており、
日中に強い眠気が襲ってくるといった特徴を持つとされております。

 

 

20代から30代以降にかけては「特発性過眠症」や「睡眠時無呼吸症候群」が多く見られ、
このうち、特発性過眠症と診断される方の主な症状としましては、日中の強い眠気に襲われたまま症状が和らぐことがなく、
仕事に支障をきたしてしまうケースも報告されております。

 

仕事への影響は、長く続くと精神的な疲弊を大きく招くことにもなってきますので注意が必要です。
自分で気づいていない場合も多いので、ある程度の知識を持っていることも大切ですね。

 

また、睡眠時無呼吸症候群に関しましては特に30代以上の男性に多く見られると言われており、
十分な睡眠がとれないことで過眠症へと繋がる場合があります。

 

睡眠時無呼吸症候群の治療法は例として、喉についた脂肪の切除や腫れている扁桃腺の切除などがあります。

 

比較的若い世代では精神的な面での症状が目立つこともありますが、身体的な病気が原因の場合、
進行も早いので軽視しないようにしましょう。

 

>>>疲労感が抜けないのは危険!知らなきゃヤバい不足成分と補う方法

関連ページ

疲れを取るためには酵素が効果的な理由
疲れを取るための酵素補給について。
酵素が疲れに効果を発揮してくれる理由
酵素効果が疲れに良いのは?
30代で疲労感が抜けない病気
疲労感が抜けない病気について30代の観点
デトックスが疲労感に効果を発揮する理由
デトックスと疲労感に効果との関連性について
身近にあるデトックス効果のある食べ物
デトックス効果のある食べ物について説明します。
酵素不足で起こる病気
30代で酵素不足で起こる病気について
酵素が不足すれば30代でも様々な症状が出てきます
酵素不足での症状について説明します。
酵素不足とストレスの意外な関係
ストレスの理由は酵素不足が原因なのか?逆か?
加齢が原因で疲れがなかなか抜けない理由
加齢で疲れが抜けないのは、こういった理由があります。